古銭の種類はたくさんあります!主な種類をご紹介!

古銭といえばまず小判?

日本において通貨制度が統一されたのは、江戸時代になってからです。そのため、古銭と言われると、江戸期の貨幣をイメージする方が多い傾向があります。
江戸時代の貨幣制度においては、最高額面の貨幣として大判があります。とはいえ、大判は恩賞や贈答用としての性質が強く、一般的な貨幣としての流通はありませんでした。江戸時代に貨幣として流通した金貨に関しては、小判や一分金、二分金などが挙げられます。その他に、一朱金や二朱金もあり、この5種が江戸時代に流通した金貨と言えます。
流通量が少ない大判に関しては、数百万円から数千万円が一般的な買取相場となっています。小判に関しては、数十万円から数百万円が買取相場となっており、レア度の低い小判に関しては、買取価格が10万円を下回るケースもあります。分金・朱金に関しては、数千円から数万円程度が、一般的な買取相場です。一部のレアな分金・朱金に関しては、買取価格が100万円を超えるケースもあります。

江戸期の銀貨や銅貨の価値ってどれくらい?

江戸期の銀貨に関しては、一分銀や一朱銀、二朱銀などが有名です。その他に、丁銀や豆板銀と呼ばれる銀貨もあり、銀貨に関しても5種が基本となっています。
分銀や朱銀に関しては、買取価格は数千円から数万円程度の相場となっています。一部のレア度の高い分銀・朱銀に関しては、買取価格が10万円程度になるケースもあります。銀貨として古銭的な価値が高いのは、丁銀・豆板銀となります。一般的な買取相場は数千円から数万円程度ですが、レア度の高い丁銀・豆板銀に関しては、100万円を超えて取引をされる品もあります。
江戸期の銅貨に関しては、銭貨と呼ばれるタイプの銅貨が流通していました。俗に穴銭と呼ばれる代物であり、一文銭と四文銭があります。
一文銭や四文銭の古銭的な価値はあまりありません。流通量が多かったため、現存している品が多いせいでもありますが、数百円程度が買取相場となっています。一部のレアな銭貨に関しては、買取価格が数十万円程度になるケースもあります。