古銭の価値を下げないためにすべきこと

古銭価値を維持するためには保管方法に気をつけろ!

古銭の価値を下げない方法とは、とてもシンプルです。古銭のコンディションを維持することで、古銭の価値は維持出来ます。
コンディションが悪い古銭、例えば汚れが酷い硬貨に関しては、クリーニングをすることでコンディションを戻す方法があります。この方法に関しては、硬貨の表面を傷つけてしまったり、使用する薬品次第では表面が変色してしまう可能性もあるため、あまりオススメ出来ません。紙幣などに関しても、コンディションを戻す方法というものはありますが、こちらも専門的な技術がないと失敗する可能性があります。
このため、古銭の価値を維持するための現実的な方法としては、保管方法に気をつけるという選択が一番合理的となります。とはいえ、古銭の保管方法というものは案外難しいものです。銀貨などは保管方法を間違えると黒く変色してしまいがちですし、紙幣にはカビが生える危険性があります。古銭の保管方法に関しても、コンディションを維持するためのテクニックが必要となって来ます。

古銭保管の難敵は湿気!

古銭保管が失敗する理由としては、まず湿気が挙げられます。日本で現存する外国産古紙幣の量が少ないという問題も、この湿気が絡んで来ます。
湿気対策に関しては、桐の箱に保管するという伝統的な対策方法があります。虫除けにもなるため、紙幣保管にはオススメな方法の1つです。
海外においての古銭保管方法としては、空気を遮断して保管する方法があります。特に難しい方法ではなく、古銭を入れたビニール袋から空気を抜き、入り口をヒートクリップなどでとめるだけで良く、とても簡単な方法であり、カビや硬貨の変色対策に効果的です。
古銭に関しては、既に昭和期の貨幣に関しても、プレミア価格がついている品も出て来ています。平成期の貨幣に関しても、通貨切替が起こった場合には、将来プレミア価格がつくケースも期待出来ます。このため、コンディションを維持したまま貨幣を保存する方法に関しては、知っておいて損をすることはない知識と言えます。